【必勝】男性が恋愛でうまくいくためのコツ4選

コツ

こんばんは、かのじょにゅーすへようこそ。
マッチングアプリで出会えたのに、うまく恋愛ができなかったら悲しいですよね。
今夜は、恋愛がうまくいくためのコツを4つ紹介します。

恋愛対象になるために恋愛体質アピールは重要

見た目の清潔感にそれなりに気を使っていて、女性と全く話せないわけでもない、女友達もある程度の人数がいるのに彼女ができない、
出会いが無いと感じている人って結構多いですよね。言ってみれば男友達としては認識されるけど恋愛対象にはならないタイプの男性です。
もしあなたがその恋愛対象にならないタイプの男性で出会いが無いと困っているようだったら、それはモテないわけではなくちょっとしたアピールの違いで改善できます。
周囲のモテる人、常に彼女の途絶えない人を思い浮かべてみればわかると思いますが、必ずしも高スペック、ハンサムという人が一番モテるというわけではなく、女扱いに慣れていそう、
気軽にデートに行けそう、気楽に付き合えそうな男性がモテていることがわかります。
女性にとって付き合ったらどんな感じか、仲良くなったらデートして付き合うイメージが湧きやすい男性ほど、
敷居が低く女性のほうから恋愛対象にしたり、逆に男性からデートに誘ってもその気になりやすいのです。
逆に普段から照れて恋バナや好きな女性のタイプ、合コンしたい、彼女欲しいという話題をしない男性は、スペック、ルックス以前に女性から見て付き合う、デートするイメージが湧きにくいのです。
「もしかして、恋愛にあまり興味がない人なのかな。」とか「ずっと付き合っている人がいて他の女性に興味がなくて敢えて距離を置いてるのかな。」と思われてしまっているのかもしれません。
一度恋愛対象から外れると、普通の男友達として気軽に接する関係に慣れてしまい女性側にそれが定着してしまうと、長く友達として接しているのに今更恋愛対象として見るのは照れくさいし、
切り替えができないと思われてしまい、それが出会いが少ないと感じる原因になってしまうのです。
このような理由で恋愛対象から外されがちな男性は、まず自分が恋愛体質なことをアピールすることが大切です。
男友達の合コン話に興味を示して見せたり、「あの女優かわいいよね。」「好きなタイプはこんな人が理想。」という、
自分も他の男性と同じ恋愛体質であることを匂わせる行動を日ごろから心がけることで状況を変えることができます。

恋愛中はたとえ友達でもライバルと思え

僕が恋愛をしている時は、相手がたとえ仲のいい男友達でも恋愛に関してはライバルと思え!と実感した大学生時代のエピソードを紹介します。
まず僕は学科の飲み会である女性Aさんと話をしてちょっと仲良くなりました。Aさんも僕に対して話しやすい学科の友達ができたと感じてくれたようで、
スタートとしてはいい感じでした。Aさんはどちらかというと男友達とそこまで積極的に話すタイプではないのでその時点では学科で一番話しやすい男友達は僕と考えられたので、
そのまま距離を縮めて行こうと思ったのです。
授業で隣の席で一緒に受けたり、図書館でノートを貸し借りしたりと割と順調に思えたタイミングで、
僕はついつい別の学科の男友達BにAさんのことをまだ付き合っているわけでもないのに自慢してしまいました。
それでBと一緒に受けた大教室の授業で「あれがAさんだよ。今日は他の女性と授業受けてるけど。」と話すとBは「へ~けっこうかわいいじゃん。」と興味を示しました。
その流れで僕とAさんにBを加えた3人で一緒に帰宅したりファミレスに行ったりする流れが出来上がってしまいました。
それでもAさんに対して僕が一番近くてBはあくまで僕のおまけだと油断していました。
そして僕はBのいないところでAさんと二人で帰宅してるときに、「女性と花火大会行きたいな。浴衣とまではいかなくても。」
と匂わせAさんも「私も友達以外と行ったことない~。」と悪くない好感触で、僕は密かにAさんと二人で行く花火大会の目星をつけていたのです。
ところが、僕が目星をつけていた花火大会の2週間前になんとBとAさんがふたりっきりで花火大会に行ってしまっていたのです。
どうやらBは僕がバイトで行けないと知っている日にある花火大会を狙ってAさんを誘い、
3人で行くと見せかけて僕が断った風にAさんにうまく話してしまいまんまとふたりっきりで花火大会デートに成功したのです。
翌日にそれを知った僕は当然Bに猛抗議しましたが、Bはのらりくらりと「だってバイトって言ってたから。」とかわして話になりません。
AさんがBを好きになった風はなかったのですが、Aさんと花火に行きたいと言っておきながらバイトで断った(ことにされた)
僕との距離が広がり、結果的にふたりで花火に行ったBとの距離が縮まり、僕とAさん、Bはただの仲良し男女3人組に成り下がってしまいそれ以降は誰にも何の進展もありませんでした。

女性の「なんでもいい」には要注意

女性をデートに誘う時に、「どこか行きたい場所ある?」とか、女性とデートしている時に、「じゃあお昼ご飯は何食べようか?」って聞いた時に返ってくる返事に
「どこでもいいよ。」「なんでもいいよ。」「〇〇くんに任せるよ。」という返事がありますね。
でもこの女性の「なんでもいい」はとても厄介です。男同士の会話や一般社会での会話の「なんでもいい」と同列に考えると痛い目に遭います。
男は言葉を文字通り捉えがちだし、「なんでもいい」と言われた後で追加注文されたときは「だってさっきなんでもいいって言ったじゃん。」と言えば男なら納得します。

しかし女性の「なんでもいい」は、(私がなんでもいいって言ったらあなたがどうするかお手並み拝見と行こうじゃないの?)という男の気遣いを試すテストと言っていいセリフなのです。
例えば付き合っている彼女からの「なんでもいい」を真に受けて、目についた適当なレストランに入ろうとすると「そこはちょっと…。」と言われます。
そしてそこで初めて「もうちょっと軽いものがいいかな。」と条件を小出しにされます。そして次の店を提案すると「ここはちょっと高いね。」ときます。
これは彼氏がどれくらい彼女のわがままに付き合ってくれるかを試しているのです。ここで彼氏が「なんだよ、だったら最初から言えよ。」とキレてしまうと、
そこで彼女側は(なるほどこの人は意外と短気なのね。)(今日はキレるまで思ったより我慢してくれたから機嫌がいいんだね。)とジャッジを下すのです。
付き合ってない男女だと、はっきり言ってくれないので尚厄介です。「じゃあこのファミレスにしようか?」「うん、まあ、いいよ。」と黙って言うとおりになってくれる割りには後で
(あの人は意外とケチくさいから次のデートは断ろう)となってしまうのです。
じゃあ男はこういう厄介な女性の「なんでもいい」にどうやって対抗すればいいかというと、「なんでもいい」と言われたときのための提案をあらかじめ用意しておくしかないのです。
女性はたいがいこの「なんでもいい」を繰り出してくるので、待ってましたとばかりにとっておきの美味しい店を先に紹介したり、彼女との思い出の店をパッと思い出した振りをして、
相手の期待以上のものをサッと提案すれば切り抜けることができます。しかし女心は厄介ですね。

女性との会話のプチ情報をメモしてマメな人を演出しよう

好きな女性の気を引いて好感度を高める方法はいろいろありますが、その子にばかり話しかけてしつこく誘ったり、わざとらしくその子の前でかっこつけたりするだけでは逆効果の場合もあります。
それに、みなさんのなかにはそんなあざとい行動は恥ずかしくて照れくさいという慎重派のタイプの男性も多いはずです。
そんな時に好きな女性の見ていない場で準備できる好感度アップの努力は、その子との会話で聞いた細かい情報をひたすらメモして頭に叩き込むことです。
そして次の会話でその子が前に話した内容を自分だけしっかり覚えていれば、マメな人、記憶力が良くて気配りが利く人として好感度がアップします。
好きな子との距離がまだ遠い状態だと、会話のチャンスは数少ないのでまずはそのチャンスをものにして好感度を上げていかなければいけません。
例えば前回食事しながら「チーズ嫌いなんだよね。」と話していたなら、次回お菓子を選ぶときに「チーズ味嫌いなんだよね。じゃあバーベキュー味あげる。」
といった具合です。これくらいならあざとくならないし、気遣いされて嫌な気持ちになる女性もいません。
「あ、この前のこと覚えててくれたんだ。」「気配りができる人だな。」という印象を上げていけばその後でだんだん距離を縮めることができます。
好きな人の好きなものを陰でこそこそメモるなんて、なんか暗い人みたいで恥ずかしいとか、必死な感じがしてダサいと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
というかそのメモを誰か他の人に見せるわけでも、まして相手の女性に見せるわけでもないのだから、スマホでも紙でもいいので好きな女性と会話した後でどんなことが好きだったか、
どんな話をしたか、どんなことに興味があるのかをどんどんメモしましょう。
ある程度距離が縮まって、LINEなどで連絡できるようになったらますますそのメモした内容が効果的です。
ミュージシャンのポスターを見かけたら、「この前話してた好きなバンドってこれだっけ?」と写真を撮って送るだけでも話題が一つ増えます。
そうやってマメな男子を演出することで好感度をアップするのは好きな人と近づく常とう手段です。

タイトルとURLをコピーしました