慣れてきた時はしっかりと基本に戻ろう

恋人と長く付き合ってきて、慣れてきた時こそ初心を思い出す

 

初めてのデートプランを徹夜で考えたり、告白のタイミングをつかめなかったり、それでもようやく付き合えた彼女。
最初の頃は色々とまどったり、ケンカもしたけど、今はすっかり落ち着いて一緒にいるのが心地よい・・・。

 

でもちょっと待ってください!
なんだか落ち着いてきたな、という頃の油断が、実は一番危ないのです。

 

人間の恋愛感情は、2〜3年が限度と言われています。
その2〜3年がやってくる頃には、もう一度彼女に惚れ直してもらうようにしなければ「なんか友達みたいになっちゃったね・・・」なんて別れを切りだされる可能性も!
それでは、そうならないために何をしたらよいのでしょうか?

 

慣れてきた時こそ、付き合い始めのようなドキドキを提供

デートもそれほどカッコつけずに、普通にお買物やおうちデートで十分幸せ。
でも、そんな時こそ、たまにはちょっと特別な事をしてみませんか?
もちろんお金をかけて、素敵なディナーという手もあります。または、初めてデートした場所に行くのも良いかもしれません。
場所意外のテクニックも必要です。久々に、大げさだけど大きな花束をサプライズで渡してみたりしてはいかがでしょうか?
思い切って手をつないで歩いてみるのも良いかもしれませんね。(最近、手つないでますか?)

 

記念日には必ず思いを伝える

記念日もお決まりのケーキやディナーでは変化がありません。記念日を忘れるのはもってのほかです!
こういう大事な時には、あらたまって彼女に感謝や愛を伝えてあげましょう
もう慣れてしまった関係なら、あらたまったあなたに、彼女は笑ってしまうかもしれません。それでも、改めて告白されると女性はまたドキドキを思い出します。

 

せっかく良い関係になった彼女。
このまま長く幸せに一緒にいたいですよね。
ぜひ安心せずに、慣れてきた時こそ工夫をこらして彼女を喜ばせてみましょう!